スッキリで紹介!生姜焼きちょいアレ足しやわらかレシピと作り方

この記事は2分で読めます

Sponsored link
     
food_syougayaki

定番のおかずしょうが焼きのちょいアレ足しレシピのご紹介です。
9月18日のスッキリで、柔らかく旨みたっぷりのしょうが焼きの作り方を
放送してくれました。

栄養たっぷりの豚肉をガッツリ食べるなら、
やっぱり生姜焼きがいいですよね~

普通に作っても誰が作っても美味しい生姜焼きですが、
さらに美味しくするためのアレ足しのレシピです。

おかずレシピの達人、ちょりママが教えてくれましたよ!

やわらか旨味倍増生姜焼き!スッキリあれ足しレシピ(4人分)

【材料】

豚肉切り落とし:400g
玉ねぎ:1個(6つ切りか8つ切り)
しょうゆ:大さじ3
酒:大さじ3(味付け用)と下味用少々
塩:少々
しょうが:2片分すり下ろす
砂糖:小さじ4

上記の調味料は、しょうゆ大さじ3と避け大さじ3、砂糖小さじ4、
すりおろした生姜2片分を合わせておく。

 

アレ足しポイント:粉末ゼラチン5g

 

ゼラチン保水効果が有り、お肉をしっかりコーティングしてくれるそうです。
そのおかげで、水分をしっかり保持してくれて、しっとりと柔らかく
豚の生姜焼きが仕上がるのだそうです。

冷めても柔らかいままになるので、お弁当にもぴったりです。

 

ゼラチンの成分は動物性のタンパク質で旨味成分である
グルタミン酸が含まれています。
これがしっかり膜を作ってくれることで、旨みがギュッとつまります!

さらに乳化作用があるので、肉の水分と脂を均一にしてくれて、
滑らかな食感になります。ほんと、いいことづく目ですね。

 
Sponsored link



【作り方】

①豚肉の切り落とし肉をバットや皿などに広げ、
酒と塩で下味をつけていく

 

②ゼラチンを豚肉にまんべんなくふりかけてよく揉み込んでいく
そのまま10分おき、下味を染み込ませる

 

③フライパンで焼いていく

 

④お肉に火が通ってきたら、玉ねぎを加えて更に炒める

 

⑤玉ねぎにも火が通ってきたら、合わせておいた調味料をフライパンに
流しいれ、味を絡めるように炒めていく

 

⑥豚肉と玉ねぎは味がしみたら取り出し、残った煮汁を煮詰めて、
とろみが出たら、最後に生姜焼きにかける

 

お肉は普通焼くと水分が逃げて徐々に硬くなって行きますが、
ゼラチンをまぶしているので水分が逃げず、しっとりやわらかな
豚の生姜焼きになるのですヽ(´▽`)/

 

保水効果は冷めても持続するので、お弁当など時間が経ってから
食べる時も、美味しいままでいてくれるのですね。

 

生姜焼きに使われる豚肉は、うなぎよりもビタミンAが多いと言われていて、
夏バテ防止や栄養を付けるのにもってこいだそうです。

 

アレ足しレシピでは、値段も安い切り落とし肉を使ってくれていたので、
給料前のお財布がピンチのときもいいですね。

生姜焼きアレンジ

今回テレビでは、かさ増し節約のため玉ねぎを使っていましたが、
これを薄切りにした筍や、1センチ角の棒状に切った山芋を
一緒に炒めても美味しいですよ!

 

野菜も一緒に炒めるとボリュームも出ますし、
栄養バランスも良くなるのでいいですよね(*゚▽゚*)

 

うちの高校生は豚の生姜焼きが大好きで、お弁当に入れてと
よく頼まれるのですが、これからはゼラチンをまぶしたアレ足しレシピで、
より美味しいのを作ってあげられます。

Sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ブログにお越しくださり
ありがとうございます!

このブログの情報が、
お役に立てれば幸いです。




HN:ゆーママ
職業:主婦
住んでる所:東京
子供:高校生と中学生
趣味:ダンス
好きな言葉:一期一会
好きな食べ物:アボカド・いくら



料理や美容、毎日の出来事など、
自分の興味があることや
気になったことを中心に
書いているブログです