日当たりの悪い家のカビ対策|予防と出来てしまった後の処理を詳しく紹介!

この記事は3分で読めます

あなたは家の日当たりが悪くて困っていませんか?

建っている位置や周りの住宅環境で、家の日当たりはずいぶんと変わりますよね。

周りに何もないところなら日当たり抜群ですが、このご時世そんな家はなかなか存在しませんよね。

そして日当たりが悪いと付きまとってくるのが、カビ問題です。

現代は住宅が密集している場所がほとんどです。

だから、想像以上に日当たりや風通しが悪く、カビ対策をどうすればいいか困っている方も多いです。

そこで今回は日当たりの悪い家のカビ対策についてお話したいと思いますので、ぜひ参考にしてくださいね。

カビの繁殖しやすい条件は?

カビが繁殖しやすい条件として一番に考えられるのが、湿気です。

年間でも、梅雨時の湿気と冬場の結露は、カビが繁殖しやすい環境になります。

とくに梅雨の時期は気温が上昇し、雨の日が多いので、空気中の湿度が高くなります。

空気はそれ自体が湿気を含んでしまうと重くなります。

だから、空気が循環しにくい場所(家具の裏側やクローゼットの中など)にたまりカビが発生しやすくなるのです。

だから、部屋の壁やクローゼットがなんだかカビ臭く、調べてみたらタンスの裏側や壁紙のつなぎ目が黒ずんでいた・・・

そんな事が起こるんですね。

またカビが発生しやすい温度は20℃~30℃とされていて、これはダニも好む温度帯です。

つまりカビが発生しているということは、ダニも発生している可能性が高いということなんです。

そしてカビの栄養分となるのは、部屋のホコリ、木材や壁紙、畳、人の垢やダニの死骸などいろいろなものが挙げられます。

こういったことから、梅雨や冬場の結露の時期はカビが繫殖するのに必要な湿度、温度、栄養分などの条件が揃ってしまうので要注意です。

ただ30℃を超える夏場の繁殖力は衰え、36℃以上になるとカビやダニの繁殖がほとんど止まります。

だから夏場はあまり神経質にならなくても大丈夫です。

また風呂場など、常にジメジメしている場所だけがカビの温床ということではなく、意外と寝室が危険な場所です。

驚くことに、就寝時に大人が汗をかく量は1時間で約50g、8時間の睡眠で約400gの汗をかいていることになります。

大人2人が寝ているとすると、この倍の汗の量が布団に吸収され、また水蒸気となって室内の湿度を更に高めてしまいます。

カビは嫌な匂いだけではなく、ぜんそくやアレルギーなどの健康被害もあるので、放っておくとはできませんよね。

効果的なカビ対策は?

まずカビが繁殖する場所の多くは、家具の裏、ベッドの下、押入れやクローゼットの中などです。

カビ対策の基本は部屋の換気が一番ですので、湿った空気を循環させて湿度が上がるのを防ぎましょう。

・朝起きたら窓を開けて換気する。

・晴れた日にはこまめに布団を干す。

・布団を敷いたままにしない、すのこを敷布団の下にひくとより効果的。

・ベッドの下に物を置かない。

・押し入れやクローゼットは開けたままにしておく。

・こまめな掃除を心がけ、ホコリやゴミなどカビの栄養分を残さない。

以上のことを実行するだけでも、カビの繁殖を抑える効果があります。

とにかく空気を入れ替えて、循環させることで湿度を下げましょう。

また他にもエアコンや除湿機を活用することもおすすめです。

日当たりが悪いと、どうしても湿気がこもりやすくなり、自然に除湿することがなかなか難しくなります。

強制的に湿気を追い出すためには、エアコンや除湿機を活用することが、効果的なカビ対策となりますよ。

空気のたまる場所を作らない

必要以上に物を置くこともやめたほうがいいですね。

いらないものを処分、整理するとそれだけ湿気を吸い込む対象物が無くなります。

室内に湿気がこもりにくくなり、風通しも良くなるので、湿気対策には重要な事です。

思いきって不用品を処分して物を減らすことも、カビから大切な物を守る手段です。

日ごろから風通しを少しでも良くしたり、除湿に気を付けたりする工夫をすることが、カビ対策には欠かせないことと言えますね。

もしカビが生えてしまったらこんな除菌をしてみて

カビは一度生えてしまうと、完全に除去しない限り空気中に菌が浮遊して、またカビが繁殖してしまいます。

濡れた雑巾などで拭き掃除をして、一時的に綺麗になったようでも、すぐにカビは再生してしまいます。

カビを取り除いた後は、エタノールをスプレーして除菌するのが効果的です。

エタノールには、カビのタンパク質を分解して死滅させる効果があるからです。

市販の除菌スプレーでも、十分カビの菌を取り除くことができますよ。

もし自宅で無水エタノールがあれば、無水エタノールを6:4の割合で水で混ぜれば、簡単にカビ撃退スプレーが作れます。

最強のカビ防止には次亜塩素酸ナトリウムがおすすめ

ですがもっとカビ菌に効果的なのが、次亜塩素酸ナトリウムを使って掃除する以下の方法です。

薬局で次亜塩素酸ナトリウム(有効塩素濃度4%未満)を購入し、霧吹きに次亜塩素酸ナトリウム1に対して水3の割合で希釈します。

これをカビが繁殖している部分に広範囲に吹き付け、約1時間放置してから雑巾で拭き取ってください。

この方法で、生えてしまったカビをほぼ完全に除去できますので、エタノールよりも除菌力、殺菌力ともに効果があります。

ただ衣類やカーテンなどの色落ちのする物には使用をひかえてください。

次亜塩素酸ナトリウムでカビを除去したら、拭いた箇所をしっかり乾燥させます。

その後、防カビスプレーをしておくとカビ予防効果がより長持ちしますよ。

一度試してみてくださいね。

まとめ

日当たりが悪い立地条件はどうしようもありませんが、カビ対策はいくらでもあります。

カビの繁殖を諦める前に、もう一度カビ対策を見直してみましょう。

大切な家、部屋、衣類や本、そしてあなたとご家族の健康の守るために、できるだけ早目のカビ対策をしてくださいね。

 

Sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ブログにお越しくださり
ありがとうございます!

このブログの情報が、
お役に立てれば幸いです。




HN:ゆーママ
職業:主婦
住んでる所:東京
子供:高校生と中学生
趣味:ダンス
好きな言葉:一期一会
好きな食べ物:アボカド・いくら



料理や美容、毎日の出来事など、
自分の興味があることや
気になったことを中心に
書いているブログです