マラソンの後の体に必ず摂りたい食べ物とダメなものを分かりやすく紹介!

この記事は2分で読めます

tookapic / Pixabay

 

マラソンといえば、社会人の間でも少しずつ広まっている人気スポーツ。
今まで運動は嫌いだったけど・・・という人でも始めやすく、少しずつ成果が見えてくるのでやりがいもありますよね!

目標タイムは経験やレベルによって様々ですが、誰だってゴールをした時にはヘトヘト^^;
倒れ込んでしまったり、しばらく動けなかったり、なんて人も少なくないと思います。

でも、そんな時こそ栄養を摂らなきゃ・・・!って思いますよね。
そこで今回は、マラソンを走り終わった後にオススメの食べ物や飲み物について紹介していきます!

マラソン後の体が欲しているのは「水分」と「糖分」

長い距離を走り終わった後は、体の中にある栄養分を使い切ってしまった状態。
動くためのエネルギーがなくて、ガス欠みたいな状態になってしまっています。

まず何よりも大事なのは、汗と共に失われた水分を補給すること。
そしてエネルギーになるための糖分を摂取することです。
糖分に変わる炭水化物を摂取するのが一番ですが、ゴール直後にごはんは結構きついですよね;

そこでオススメなのが「果汁ジュース」です。
疲れていても飲めますし、食欲がなくても体が受け付けてくれるはず。
含まれた糖分がエネルギーになり、水分も補給できるので一石二鳥です。
特に、オレンジやグレープフルーツなどのクエン酸が含まれているジュースは、疲労回復効果もありますよ!

何か食べられそうなら、バナナやカロリーバーなどがおすすめ。
すぐにエネルギーにかわってくれるので、くたくたな体にとっては嬉しい栄養分になります。

走り終わった後は疲れ切ってしまっていたり、気持ち悪くなったりと、食欲がないこともあります。
けれど「走ってる間にも栄養補給したし、大丈夫」というのは間違いです!
途中で補給した栄養は、マラソンで全て使い切ってしまったと考えてください。

マラソンを走った日に食べたいものと、避けたいもの

さて、完走後に水分と糖分を補給した後、夜に食べるべきものについてはどうでしょうか。

気分的には「お疲れさま!」なんて言って乾杯をしたいところですが、、、
打ち上げで、焼肉なんかも食べたい雰囲気かもしれませんが、、、

残念ながらこれらは、体にとっては良くないと言えるでしょう。
マラソン後の体が歓迎するものと、受け付けないものについてまとめました。

マラソン後に食べたいもの

長い時間の激しい運動により、脚だけでなく胃腸も疲れています。
そのため、消化が良いものを選ぶのが基本となります。
具体的には「おかゆ」「うどん」「温野菜」などですね。
打ち上げ的な雰囲気に合うものとしては、「お鍋」が良いでしょう。
お鍋でなくとも、汁物はほっとさせてくれる効果もあるのでおすすめですよ。

マラソン後に控えたい食べ物

逆に避けたいものは、胃もたれしてしまうような消化の悪い食べ物。
脂っぽいものは避けるべきです。
「揚げ物」「アルコール」は避け、暴飲暴食には注意しましょう。
特にお酒は、アルコールを分解するために体が働いてしまうせいで、マラソンで溜まった疲労の回復が遅くなってしまうことも。
打ち上げ、お祝いなどで飲む時は、乾杯の一杯程度に留めておきたいですね。

まとめ

以上、マラソン後におすすめの食べ物と、避けるべき食べ物のまとめでした。いかがでしたでしょうか?

どうしても気分が悪くて食べられない、という時は、まず水分を摂ることを優先してください。
トイレに行っていつもより色の濃い尿が出たら、脱水気味であるということの証。
いきなりごくごく飲むのではなく、少しずつ時間を置いて口に含むようにすると、無理せず体に吸収できますよ。

ゴール直後の栄養補給も、その日の夜のごはんも、どちらも体にとってはとても大切なもの。
次のレースに向けてしっかりと健康状態を保つためにも、胃腸にやさしい食べ物でしっかり栄養を摂ってくださいね。

Sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ブログにお越しくださり
ありがとうございます!

このブログの情報が、
お役に立てれば幸いです。




HN:ゆーママ
職業:主婦
住んでる所:東京
子供:高校生と中学生
趣味:ダンス
好きな言葉:一期一会
好きな食べ物:アボカド・いくら



料理や美容、毎日の出来事など、
自分の興味があることや
気になったことを中心に
書いているブログです