蒸ししょうがの作り方(オーブン)とレシピ【3月5日サタデープラス】

この記事は2分で読めます

Sponsored link
     

3月5日のサタデープラスで紹介された、
蒸ししょうがの作り方をご紹介します。

オーブンで簡単に作れますし保存もききます。
低体温で免疫も下がっていた小島瑠璃子さんも
挑戦していましたよヽ(*´∀`)ノ

 

蒸ししょうがレシピ

【材料】

しょうが

【作り方】

①しょうがは皮付きのまま、
なるべく薄くスライスします。

②オーブンの天板に重ならないように並べます。

③100度のオーブンで1時間ほど加熱します。

④カラカラに乾燥した状態になるので、
冷めたらミキサーかすり鉢で
細かく粉末状にします。

これだけで体を温める成分、ショウガオールが
なんと10倍になるそうですよ♪

 

出来上がった蒸ししょうがは、
常温で3ヶ月持ちますので、
たくさん作っても大丈夫です!

元々しょうがを使う料理(生姜焼きなど)に
使うのはもちろん、他にもどんな料理でも
使っちゃってくださいヽ(*´∀`)ノ

 

スパイスの一つとして使っても、
ドレッシングに混ぜても良いそうです。

冬の季節は生のしょうがをすって
よく使っていたのですが、
面倒な時も結構あるので。。。

 

これならふりかけみたいにちゃちゃっと
ふりかけて使えるし、一度にたくさん作れるので
嬉しいですね~ヽ(・∀・)ノ


Sponsored link


【蒸ししょうがを試した人の結果】

30代主婦①35.9⇒36.4
40代主婦②35.8⇒36.6
50代主婦③35.4⇒36.2

なんと3人全員平均体温が36度台に
変わっていました!

これはすごいですね。

 

小島瑠璃子さんも10日間実践して、
使用前の平均体温が35.9どだったのに対して、
蒸しショウガ生活後は、平均体温は36.5に
なっていました。

 

体温が上がることで、免疫がアップします。

体に入ってきたウイルスなどの外敵から
体を守ってくれるのはNK細胞と言うものなのですが、
その数が体温が上がると増えるんですね。

 

小島瑠璃子さんもそのNK細胞の数が
平均より少なくてやばかったみたいですが、
10日後は平均値にまで上がっていました。

体が温まることで、病気もしにくい体に
なるんですね。

 

私は以前粉末のしょうがをネットで
購入していたことがあるのですが、
いいものは結構高いんですよね。

だからあまり続かなかったのですが、
しょうがを有機栽培など良いものを使っても
値段はそこまで高くないので、
自分で作れるのはいいなって思いました。

 

今家にチューブの生姜しかないので、
早速しょうがを買ってきたいと思います笑

Sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. virus_oetsu
  2. job_doctor_woman
  3. 2index
  4. alex4663 / Pixabay
  5. kyoufusyou_sentan
  6. brenkee / Pixabay
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ブログにお越しくださり
ありがとうございます!

このブログの情報が、
お役に立てれば幸いです。




HN:ゆーママ
職業:主婦
住んでる所:東京
子供:高校生と中学生
趣味:ダンス
好きな言葉:一期一会
好きな食べ物:アボカド・いくら



料理や美容、毎日の出来事など、
自分の興味があることや
気になったことを中心に
書いているブログです