じゃがいもと梅干の団子!便秘解消レシピ[1/17おいしいカラダ]

この記事は2分で読めます

Sponsored link
     
jagaimo_poteto

1月17日放送のおいしいカラダで紹介された
便秘解消のじゃがいもと梅干のレシピと作り方です。

便秘解消だけじゃなく、あることをするだけで、
カロリーまで半分になって、ダイエットにも
効果絶大のメニューです。

 

トロっとしたあんがかかったじゃが団子なんて
想像しただけでヨダレが・・・

便秘じゃない人も楽しめるメニューですね♪

 

じゃが団子レシピ

【材料】

<じゃが団子>

じゃがいも2個
片栗粉
梅干

<あん>

みりん
薄口しょうゆ


かつお昆布出汁
合いびき肉
水溶き片栗粉
みつば

Sponsored link


【作り方】

①じゃがいもは水で洗い、濡れたまま
皮付きのままラップでふわりと包みます。

600wのレンジで(じゃがいも2個の場合)
5分加熱します。

②レンジから取り出したじゃがいもは皮をむき
潰して片栗粉を加えます。

しっとりまとまるまで、よくこねてください。

③梅干は種を取り軽く包丁でたたいたら、
じゃがいものなかに入れて、
丸く成型します。

④耐熱皿にじゃが団子を並べて、
水を少しかけラップをして、
て600wのレンジで2分加熱します。

⑤酒、みりん、薄口しょうゆ、
塩、かつお昆布出汁を入れ鍋で火にかけ、
合いびき肉を入れて、火を通します。

⑥水溶き片栗粉でとろみをつけたら、
みつばを加えてあんの完成です。

⑦じゃが団子にあんをかけたら
出来上がりです(*゚▽゚*)

⑧便秘解消のためには、出来上がった
じゃが団子を冷蔵庫で冷やします。

 

じゃがいもの中のレジスタントスターチは
冷やすことで消化されずに大腸まで届き、
食物繊維と同じような働きをするそうです。

また梅干のクエン酸は腸の働きが
活発になるそうですよ!
だからじゃがいもに合わせるといいんですね♪

 

○ポイント

①じゃがいもはでんぷんの多い男爵いもを選びます。

②加熱したあと、冷蔵庫でしっかり冷やします。

③南高梅のような完熟梅を使うこと。

 

また、澱粉が冷えてレジスタントスターチに変わると、
カロリーが半分になるそうです。

これからは加熱したじゃがいもは、
絶対にしっかり冷やしましょうね!

 

特にポテトサラダなど、冷やしても
美味しく楽しめるメニューは、
冷やしたほうが得ですよね(*゚▽゚*)

じゃがいも大好きなんで、これからは
心置きなく食べれるなって
嬉しくなりました~☆

 

お腹の調子を整えたい人、
自然に腸の働きを良くしたい人は
ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

Sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. hakusai
  2. food_beefstew
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ブログにお越しくださり
ありがとうございます!

このブログの情報が、
お役に立てれば幸いです。




HN:ゆーママ
職業:主婦
住んでる所:東京
子供:高校生と中学生
趣味:ダンス
好きな言葉:一期一会
好きな食べ物:アボカド・いくら



料理や美容、毎日の出来事など、
自分の興味があることや
気になったことを中心に
書いているブログです