ノンストップ!ごはんOKダイエットのやり方はこちら

この記事は2分で読めます

Sponsored link
     
diet_before_after

1月6日放送のノンストップで紹介された
「ごはんOK」ダイエットのやり方を書いていきます。

ご飯を食べてもいいダイエットなんて
夢のようですが、本当に痩せるのでしょうか。

 

やっぱりダイエットは続けないと意味がないので、
長続きする方法はいいですよね♪
これならリバウンドしないかも?!

テレビでは61歳の女性が半年で
ウエストがマイナス8.5センチでしたね。

でも体重は全然減らないんです。
なのに見た目がほっそりしてしまう
魔法のような方法ですね。

 

つまり筋肉をつけて、脂肪を燃焼できる
体に変えていく、ということらしいです(*゚▽゚*)

筋肉は脂肪より重いので、
体重は変わらないみたいですけどね。

でも体重の数値よりも、

一番大切なのは見た目ですからヽ(・∀・)ノ

 

ごはんOKダイエットの3か条

【ごはんを食べるメリット】

●満腹感
●エネルギー源になる

 

【守らなくてはいっけないこと】

①肉や魚をたっぷり食べる

筋肉を作ってご飯のエネルギーを燃焼するためには
タンパク質が必要になる。

一日に手のひら2枚分の肉や魚を食べるのが理想。

ステーキかハンバーグなら?

ステーキの方がよく噛んで食べるので、
代謝もアップする。

ビーフカレーかチキンカレーなら

ビーフカレーの方がダイエット向き。

体脂肪燃焼を助ける成分が
牛肉の方が多い。

 

②良質な油を摂る

オメガ3系油と呼ばれるものがいいそうです。
食べたご飯が燃やしやすくなるそうですよ!

インカインチオイル、
アマニ油、
エゴマ油 などがそれにあたります。

一日小さじ1杯が目安で、
ダイエットを意識するならティースプーン
2~3杯くらいがいいそうです。
Sponsored link


③味噌汁を飲む

味噌の原料である大豆は即物性タンパク質で、
お肉や魚の動物性タンパク質と一緒に摂ると
相乗効果が期待できる。

お味噌の塩分は血圧には関係ないと
言われているので、一日2杯くらいを
飲むといいそうですよ(*゚▽゚*)

 

3ヶ月くらいをひとつの目安にして、
この3つを守ると少しずつ体質が変わり
引き締まった体になるそうです(*゚▽゚*)

 

【ごはん以外を食べる時のテクニック】

主食は出来るだけ白米を食べたほうが良いそうです。
腹持ちがいいからですね。

ご飯以外のラーメン、パン、パスタなどを
食べるときは、

●ラーメンを食べるときは、チャーシューと
味付け玉子などのタンパク質を一緒に食べる。

あと、こしょうと酢をかけて食べるといいそうです。

●パスタを食べるときは、ツナサラダと生ハムを
一緒に摂ったりタバスコをかけるといいそうです。

●パンを食べるときは、抹茶豆乳やソイラテなど
大豆たんぱく質と一緒に摂るといいそうです。

 

すごい~
これなら出来そう~

しかも無理してないからリバウンドは
しないでいけそうですねヽ(´▽`)/

徐々に食べる量も減っていくそうです。
これは2016年の新しいダイエットですよねヽ(;▽;)ノ

Sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. happy_woman5
  2. makeup_henshin
  3. download3
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ブログにお越しくださり
ありがとうございます!

このブログの情報が、
お役に立てれば幸いです。




HN:ゆーママ
職業:主婦
住んでる所:東京
子供:高校生と中学生
趣味:ダンス
好きな言葉:一期一会
好きな食べ物:アボカド・いくら



料理や美容、毎日の出来事など、
自分の興味があることや
気になったことを中心に
書いているブログです