あさイチ!鶏の照り焼き(胸肉)やわらかしっとりレシピと作り方

この記事は2分で読めます

11月2日放送のあさイチの解決晩ゴハンで紹介された
鶏の照り焼き(胸肉)やわらかしっとりレシピと作り方です。

パサパサしがちな鶏の胸肉でしっとりとやわらかく出来上がるなんて
とってもいいですよね。だって、胸肉って、とってもリーズナブル!

お弁当に入れても美味しく食べられそうです。

 

鶏の照り焼き(胸肉)レシピ

【材料】

鶏の胸肉:1枚(230g)
甘酒:80g
塩:適量
しょうが絞り汁:大さじ1
サラダ油:少々

~タレ~

酒:大さじ2
しょうゆ・砂糖:各大さじ1

【作り方】

①胸に塩を振って30分置く。周りに出てきた水分を軽く拭き取る。
塩を振ると、鶏肉の雑味が少なくなるそうですよ!

②甘酒が浸透しやすいように、鶏胸肉にフォークで穴を開けていく。
両面やってくださいね!

③日本酒を両面に刷毛で塗っていく。
甘酒の吸収が良くなるそうです。

④今回はお米と麹だけで作った甘酒を使うそうです。
ビニール袋の中に、甘酒と生姜の絞り汁を入れ、鳥の胸肉を入れて
もんでいきます。

まんべんなく鶏肉に甘酒がよく絡むように空気を抜いてください。

⑤この状態で冷蔵庫で2~3日置く。こうすると確実に
柔らかくなるそうです。5日間は持つそうですよ!
冷凍するともっと持つようです。
Sponsored link



⑥2~3日置いたものを取り出し、甘酒をしっかり拭き取ります。
残っていると焦げるし跳ねるし大変ですヽ(*´∀`)ノ

⑦熱したフライパンに油を少々入れて、鶏肉を焼いていきます。
両面まんべんなく油をまぶしていきます。
表面を白くしておけば、鳥の旨みが逃げないんだそうです。

⑧弱火にして、お肉の上に耐熱のお皿などのせたり、
アルミホイルを引いて鍋を載せたりして、重しをします。
お肉が縮むのを防ぐそうです。

⑨5分くらいたったら、重しを外し、串を刺してしばらくおいて
花の近くに持ってきた時に暖かさを感じたら、火が通っているそうです。

ちょっとびっくりする確かめ方ですね。
火が通っていると判断したら、鶏肉を取り出してください。

⑩火をできるだけ弱めて同じフライパンに、
タレの材料を入れます。

ブクブクなってきて、とろみがついてきたら、
鶏肉を戻しタレを絡めます。

やわらかポイント!鳥の胸肉は、繊維に逆らってそぎ切りにすると、
もっと柔らかく食べられるそうです。

お子さんやお年寄りでも、胸肉を美味しく食べられますよねヽ(*´∀`)ノ

 

今回の付け合せは、カブとまいたけを焼いて、
粉山椒をまぶしたものになっていました。

これも美味しそうですけど、甘辛のタレがあるので、
短冊切りの山芋やしいたけなんかでも美味しそうですよね。

私も子供たちも照り焼きは大好きなのですが、
鳥の胸肉は使ったことがありませんでした。

もも肉に比べるとお値段も安いので、
これからはもっと気軽に照り焼きが楽しめそうです。

Sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ブログにお越しくださり
ありがとうございます!

このブログの情報が、
お役に立てれば幸いです。




HN:ゆーママ
職業:主婦
住んでる所:東京
子供:高校生と中学生
趣味:ダンス
好きな言葉:一期一会
好きな食べ物:アボカド・いくら



料理や美容、毎日の出来事など、
自分の興味があることや
気になったことを中心に
書いているブログです