【バイキング】体にいい入浴法!風邪・冷え性・むくみを解消

この記事は2分で読めます

Sponsored link
     

10月15日にバイキングで紹介された正しいお風呂の入り方です。
正しい入浴法って言われても、いまいちピンと来ません。

正しい入浴法

・寒い日こそ、41度までのぬるめのお風呂に入る

42度を超えると、体が興奮状態になりますし、
暑いお風呂は、血液の粘度も上げてしまうので良くない。

40度のお風呂に10~15分お風呂に入るのが効果的。

・風邪でも入浴するべき

お風呂に入って風邪が悪化するというデータはない
体温を上げると免疫力も上がる。

38度を越えるような高熱がある場合や
医師から止められている場合を除いて、風邪でも
お風呂に入って良い。

・食事直後の入浴はダメ!

胃腸に集まるべき血液が、体の表面に集まってしまい、
消化不良につながる

食後30分から1時間後にお風呂に入るのが良い

・半身浴より全身浴

健康な人は全身浴の方が良い。
全身浴の方が温熱効果が高く、新陳代謝が良くなる。

浮力も強くなるため、筋肉の緊張も保連れて、
リラックス効果が上がる

・肌に悪い一番風呂は避ける

日本の水道水は一番風呂だと肌の刺激が強いので、
2番目以降か入浴剤を入れる。

~悩み別の入浴法~

冷え性を改善する入浴法

・入浴の途中で手足を冷やす

40度で3分入り、手足に30度のシャワーを10秒当てる。
冷水で交感神経を刺激すると、自律神経が整う。

足のむくみを解消する入浴法

・40度の長風呂(全身浴)が効果的

足に水圧がかかり、血液が心臓に戻る
お風呂の中で、足の曲げ伸ばしをするのもむくみ解消に良い

加齢臭を解消する入浴法

・41度のシャワーを1分間浴びるだけで、夕方まで効果がある。

加齢臭の原因と言われる胸・背中の皮脂を洗い流すことができる

ダイエットを効果的にする入浴法

・運動前に入浴する

入浴で代謝を上げてから運動すると、
エネルギー消費があがるので、ダイエット効果を得やすい。

更年期障害にいい入浴法

・同じ時間に入浴する

同じ時間に入ることで、自律神経の働きを正常に戻す

40度で20分入浴(5分、5分、10分)
あいだ、あいだに休みを入れて、一回湯船から出る。

体の悩みによって、効果的な入浴ほうが違うんですね。
どんなことにでも言えるのが、入浴はただし方法で入れば、
体にとてもいいということがわかります。

今の季節だと、どうしても面倒になってシャワーでぱっと済ませることも
まだまだあるのですが、今日からはしっかり湯船に浸かって
暖まろうと思いました。



 

Sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. images
  2. index
  3. 3images
  4. index
  5. 3index
  6. index
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ブログにお越しくださり
ありがとうございます!

このブログの情報が、
お役に立てれば幸いです。




HN:ゆーママ
職業:主婦
住んでる所:東京
子供:高校生と中学生
趣味:ダンス
好きな言葉:一期一会
好きな食べ物:アボカド・いくら



料理や美容、毎日の出来事など、
自分の興味があることや
気になったことを中心に
書いているブログです